自動車リサイクル法のお話

自動車リサイクル法のお話

現在、日本では1年あたりおよそ360万台の車が廃車になっています。

もともと車は鉄やアルミ等の金属が多く使われているためリサイクル率が高く、約80%がリサイクルされ、残りの20%はゴミとして処理されていました。 しかしその20%が、環境破壊や地球温暖化問題を引き起こしたり、またその処理を安全に行うための技術が必要であることが問題となっていました。

上記の問題を解決するため、2005年1月より【自動車リサイクル法】が開始しました。

自動車リサイクルの流れ

※当社では自動車リサイクル法に基づき、ダメージカーの適正な処理を行っております。

リサイクル料金のお支払いについて

原則として「新車購入時」にお支払いいただきます。 リサイクル料金をお支払いいただくとリサイクル券(預託証明書)が発行されます。 リサイクル券は車検証一緒に大切に保管ください。リサイクル料金支払いの証明となります。

※「自動車リサイクル法」がはじまる前に購入した車については、最初の車検時にお支払いいただき(2008年1月まで)、車検を受けずに廃車となる場合のみ廃車時にお支払いとなっておりましたが、2008年2月以降は全て廃車時のお支払いとなります。
※リサイクル料金を支払った車を中古車として売却する場合は、新しい所有者から車両価格に加え、リサイクル券に記載されているリサイクル料金相当額を受け取ることになります。

リサイクル料金について

リサイクル料金は、主に廃車から出た
○フロン類 ○エアバッグ類 ○シュレッダーダスト

の3品目のリサイクル・処理に必要な費用として、車の所有者が負担します。
更に、料金の一部は情報管理料金という廃車処理の情報管理についてや、資金管理料金というリサイクル料金の管理にも利用されます。
3品目のリサイクル料金は車種1台ごとに異なり、一律の料金ではありません。その点ご注意ください。