買取後のリサイクル方法

買取後のリサイクル方法

循環型社会を形成する上でかかせないのは効率的なリサイクルです。
当社は適正なリサイクル方法をおこなうことにより、環境負荷の低減に努めています。

事故車や不動車が買い取られた後、車を解体し、各パーツをリサイクルします。
車は金属が多く使用されているため、もともとリサイクル率が高いものですが、それでも「ゴミ」が出てしまいます。
弊社では「ゴミ」をなるべく出さないリサイクルに日々努力しております。

こちらでは、そのリサイクル方法をご紹介いたします。

1廃車の買取と解体

廃車として受け入れされた使用済み自動車は、車輌履歴情報・車種・色・エンジン・ミッション形式などを選定し、リサイクルされます。
状態がよいクルマの場合、修理、再生して再販、事故車専門の業者オークション、海外へ販売、修理板金工場へ供給なども行います。

2廃車の適正処理

ここでタイヤ・バッテリー・フロンガス・エンジンオイル・オートマチックオイル・パワーステアリングオイル・不凍液・ウォッシャー液等の廃材取り外し・廃液抜き取りをし、専門業者へ出荷します。

タイヤ・バッテリーのリサイクル

タイヤ・バッテリー・アルミホイールを取り外し、専門業者によりリサイクル処理が行われます。
タンクに残ったガソリンなどの燃料はスラストカッターを使用し、タンクに燃料がほとんど残らないように抜き取りします。

廃油・廃液の処理

廃車のフロンガス、オイル類、エンジン冷却液等は安全で確実に廃液、廃油として回収し、分離します。

3生産

ここでは、有価パーツとして部品の分解が行われます。 使用済み自動車から取り外された部品は、リサイクルパーツとして保管・国内外への販売をいたします。
また、リサイクルパーツとして使用できない部品からアルミや銅などの素材を分別し、リサイクルします。

中古部品取り作業

外装や足回りなどの中古部品を効率よく取り外し、各パーツを中古パーツとして販売、板金工場にて修理パーツとしてリサイクルするなど、その部品は保管・販売されるリサイクルパーツとなります。

ニブラ工程(有機物の選別)

中古部品の取り外しが完了し、その後その車両は、重機(ニブラ)工程にてさらに鉄原料・非鉄原料に分けていきます。
更に細かく分ける為に、最後は手作業で分類します。
■ アルミ:エンジン、ミッション、ラジエーター
■ 鉄:足回り、マフラー
■ 銅:配線、モーター
■ その他:触媒など

4プレス

ボディガラだけとなったとなった車体をプレスします。
プレスされたボディは、電炉メーカー、鉄鋼メーカーやシュレッダー会社を通して、新たな鉄の原材料にリサイクルされます。